毛根をなくさなくても永久脱毛できるメディオスター

毛根を破壊せずに脱毛する方法があります。それがメディオスターを使った脱毛法です。レーザー機器の主流は毛根を完全に破壊するタイプでした。このタイプは肌へのダメージが免れません。脱毛の後は赤みがでたり、腫れあがったりします。メディオスターであればお肌へのダメージを最小限にすることができます。ダウンタイプも必要ないので、冷却が苦手な人にも向いています。乾燥が気になるのであればボディクリームでケアする程度で大丈夫です。毛根を破壊せずに、バルジ領域を破壊して永久脱毛にすることができるからです。ゆっくりと毛を熱して、毛を覆っているバルジ領域を除去していきます。毛の焦げる感じもせず、やけどを負うリスクも少なくて済みます。顔を施術してもその日からメイクや洗顔をすることができます。当然、入浴もしてもしてもかまいません。

メディオスターのメリットデメリット

メディオスターというのは、毛の種の元をターゲットにして破壊していきます。これは、脱毛サロンのハイパースキン法というものにも通じていて、この方法は痛みが少ないと言われていますが、施術時間が長いという欠点があります。しかし、メディオスターの場合は肌の上を滑らすように脱毛していくので、施術時間が短縮できます。また、通常のサロンであれば10回以上行いますし、医療レーザー脱毛サロンだとしても5回くらい行うことが普通ですが4回程度行えば効果があらわれるというメリットがあります。脱毛サイクルも1ヶ月程度あけるだけでいいので効果が高いと考えられます。最速4ヶ月で脱毛を完了させることも可能です。ただ、唯一のデメリットとしては最新機種のために置いているクリニックが非常にすくないということです。多くは新しいクリニックで使用されることが多いので、通える範囲の場所にあるか調べてみると良いです。

メディオスターの脱毛機器が持つ魅力

メディオスターの脱毛機器が持つ魅力には、黒い色のメラニンに反応することが可能な波長のレーザーを使用しています。これによって高性能な技術が可能となっています。毛根部分の黒色に反応することで、毛を作る細胞を熱によって破壊して脱毛を実現させます。メディオスターによる脱毛は毛周期に合わせた周期を把握して利用することが求められています。現在に生えている毛や抜け落ちる毛に対処する方法としてもメリットが得られます。従来の脱毛は、毛乳頭部分を破壊するのみで毛は再生されてしまうところに問題がありましたがその問題を解消しています。メディオスターの脱毛機器が持つ魅力は2種類のレーザーを使用することで、毛の種をまく発毛因子であるバルジを効果的に破壊して脱毛が可能です。肌に問題が起こりやすい光熱を与えることなく、時間をかけて加熱し、確実にバルジを破壊することでを実現させます。