パワーストーンの歴史とはどのようなものか

パワーストーン

パワーストーンとは、日本だけで使われている言葉です。石に何らかの力が込められていると信じられたことから、パワーストーンと呼ばれています。日本のパワーストーンで一番古いと言われているのが、翡翠です。翡翠は日本の国石とも言われており、その歴史は縄文時代から装飾品として愛用され、身につけられていたそうです。パワーストーンと言っても、その石1つ1つに意味合いが異なりますので、ブレスレットやピアス、指輪など身に付ける時に、自分がその石にどういう意味合いを持たせて、願いを持って身に付けるかにもよります。パワーストーンを厄除けに身に付ける人もいますし、願かけで身に付ける人もいます。パワーストーンとは一種のお守りのようなものですので、自分にあったパワーストーンを見つけたいものです。

パワーストーンの効果と魅力について紹介します

宝石とパワーストーンとの違いとは、宝石はかなり高額で色々な規定の基に成り立っており、美しく魅せるというのが本来の目的です。しかし、パワーストーンは美しく魅せるという事ではなく、石が本来持つ意味によって自分の身を守ってもらう、邪気を浄化してもらうなど、お守りのような意味を持ちます。例えば、日本の国石とされている翡翠は、人生の成功を守護する石と言われていますし、ブルートパーズはストレスを解消する知性の石と言われています。パワーストーン一つ一つがこういった意味を持ち、自分がこうなりたい、こういう効果を実感したいという願いを込めて、肌身離さず身に付けるものなのです。そして、このパワーストーンは肌身離さず身に付けることで、その人の邪気を吸い取ってくれると言われているので、石自体を適度に浄化させてあげることが必要になってきます。

パワーストーンをきちんと浄化して効果を持続させましょう

パワーストーンはただ身に付けるだけではいけません。身に付けていると、身に付ける人の邪気を石が吸い取ってくれているのです。パワーストーンには吸い取った邪気が溜まっていきますので、それを浄化する必要があります。溜まった邪気をそのままにしておくと、パワーストーンからまた自分の方へ戻ってきてしまいます。では、浄化とはどうすればいいのかということですが、これもパワーストーンによって浄化方法が違います。一番手っ取り早く、どのパワーストーンでも浄化できる方法とは、月光欲です。月光欲とは、満月の輝く美しい夜に、パワーストーンに月の光を当てて浄化させる事です。他には水晶クラスターという水晶の塊のようなものに、パワーストーンをかけておくだけで浄化されます。こうして浄化をすることで、元通りのパワーストーンに蘇ります。

プレミアム商品1点物コーナー!最高グレード&希少天然石ブレスを多種ご用意しております。 ネットショップ大賞ファッションアクセサリー総合1位。 天然石やパワーストーンを直輸入し、販売をしています 店頭での販売は業者様のみとさせて頂いております。 Worldstoneでは、(業者の方のみの卸販売です)定番の人気商品はもちろん、多種多様な直輸入の天然石やパワーストーンをご用意しています。 高品質のパワーストーンをお探しの方へ